当院は、産科医療補償制度加入分娩機関です

 この制度は、分娩に関連して発症した脳性麻痺になった赤ちゃん、及びその家族の経済負担をすみやかに保障すると共に、脳性麻痺発症の原因分析と再発防止、そして産科医療の質の向上を目的として2009年1月より創設される制度です。

 お産の現場では赤ちゃんが健康で元気に生まれてくる為に、医師や助産師、看護師などができる限りの努力をしておりますが、それでも予期せぬ出来事が起こってしまうことがあり、子供たちを守る為にとても大切な制度であると私たちは考えております。

 具体的な内容は、具体的な内容は、こちらをご確認下さい。

 解りにくい部分が多くあると思いますが、1000人に2人の割合で発症する脳性麻痺の子供を守っていこうという前向きの制度です。妊婦検診時に随時ご案内致しますので、ご理解とご協力をお願い致します。
 なお、ご不明な点がございましたら事務窓口までお聞き下さいます様お願い致します。

医療法人社団正寿会 秋山記念病院
院長 秋山 實男

 

産科医療補償制度のシンボルマーク

このマークは、産科医療補償制度のシンボルマークです。
産科医療補償制度は、財団法人日本医療機能評価機構(厚生労働省所管)が行っております。