乳がんの治療

乳癌の治療には、

がありますが、病気の進行程度によって組み合わせて行います。

 

手 術

腫瘍の大きさや性状、希望により手術方法を決定しています。温存できるものは可能な限り温存するというポリシーで行っています。

(1) 乳房温存術

 原則的には3cm以下で腫瘤が1個の時に行います。切除する形状により乳房円状部分切除と乳房扇状部分切除術があります。乳房温存術を施行した場合は温存した乳房に放射線照射が行われます。また、腫瘤が3cmより大きい場合も手術前に化学療法を行い腫瘤を小さくして温存術を行う場合もあります。乳房切除術に対して、よりよい美容性と少ない入院期間が可能です。

(2) 乳房切除術(乳房温存できない人)

 乳房を切除します。乳房温存に比べて、低い局所再発率と、放射線を照射しなくてよいという特徴があります。

(3) センチネルリンパ節生検

 術前に明らかなリンパ節転移が認められない場合はセンチネルリンパ節生検をします。センチネルリンパ節とは腋窩リンパ節の入り口にあるリンパ節です。このリンパ節に転移していなければ、腋窩リンパ節郭清は不要になります。

(4) 腋窩リンパ節郭清

 センチネルリンパ節に転移が認められた場合、それより奥のリンパ節にも転移の可能性があるので、腋窩リンパ節をまとめて切除します。
 このことにより術後、上肢が腫れることがあります。

(5) ラジオ波焼灼療法(RF)術

 専用の針を刺し、乳がん部分に対し先端から照射されるラジオ波で腫瘍を加熱し殺す方法です。すでに肝臓がん等の手術では確立されている治療法です。利点は傷がほとんど残らず、痛みが少ないので患者様への負担が軽い点が挙げられます。欠点として、適応症例が限られてしまうのと、保険適応外なので費用負担が大きい事が挙げられます。
 詳しい事は医師にご相談ください。

 

化学療法

抗がん剤による治療です。

(1) 術前化学療法

 一定程度以上進行した乳がんに行います。
 アンスラサイクリン系とタキサン系の抗がん剤の組み合わせで行います。
 乳がんは抗がん剤が効きやすい癌ですので場合によってはシコリが消えてしまうことがあります。
 癌が大きくて温存手術できない人も、この方法によって温存手術の希望が叶えられることがあります。

(2) 術後補助化学療法

 アンスラサイクリン系とタキサン系を中心としたものを用います。

(3) 術後ホルモン療法、分子標的療法(ハーセプチン)

 乳がんは女性ホルモンの影響を受ける性質を持つものが多くあります。その場合はホルモン療法(内分泌療法)を行いますと明らかに再発しにくかったり、再発後も腫瘤が小さくなることが認められています。経口剤や注射剤があります。ホルモン感受性がある乳がんにたいして積極的に使用します。

(4) 再発薬物療法

 再発した場合に行います。その癌の性質に応じてホルモン療法、ハーセプチン療法、あるいは抗がん剤療法を行います。